日常的なものにするなら、結婚指輪と重ねて使えるようなものを選ぶべきです

      2016/08/04

自分に合った婚約指輪の選び方


外国やドラマのように、プロポーズとともに婚約指輪を渡すなんていう場面は、実際にはないという人がほとんどではないでしょうか。

たいていの人が、女性の意見を交えながら二人で選ぶという形が多いのではないかと思います。

その時に、どのような指輪にしようか悩んで、雑誌を読みあさったりいろいろなお店を見て回ったりするのではないでしょうか。

ブランドなどはいろいろあると思いますが、形として、昔ながらの「たてづめ」のデザインは、これぞ婚約指輪といった形であこがれている女性も少なくないはず。

でも、後で使う機会はほとんどないといったデメリットがあります。

最近は、昔「たてづめ」でもらった指輪をリメイクして新しくちょっとした場面でも使いやすいようなデザインにしている人も多いそうです。

もし、せっかくだから日常的に使いたいと思うのであれば、結婚指輪と重ねづけできるようなデザインのものがおすすめです。

 

 


 - 結婚指輪 , , ,