30前後の所謂アラサー世代で独身の人たちが相手探しを始めるのです

   

女性の結婚適齢期の今と昔


数十年前は、女性の結婚適齢期は25歳前後と言われ、クリスマスケーキに例えられていたことがあります。

25歳がピークであるという考え方です。

当時は、女性はあまり大学へ進学する人も少なく、18歳や20歳で就職し25歳頃には入籍をするというのが一般的であったのが背景にあります。

現在では、女性の多くが大学へ進学し、その後就職して自活できるようになりました。

そのため、従来は25歳だった適齢期もその分遅れ、28歳や30歳程度に引きあがっています。

この背景があり、25歳で独身の人は特に結婚に対する現実味を感じる人は多くはありませんが、30前後の所謂アラサー世代で独身の人たちは相談所や婚活サービスを使って相手探しを始めるのです。

 

 


 - 理想の結婚 , ,