お互いサポートするためのものという考え方が浸透しています

   

今と昔で結婚の意識はこんなに違っている

昔と今では結婚の意識は異なっています。

昔は、結婚したら女性は家庭に入って家事や育児を行い、男性は一家の大黒柱として仕事に従事するという考え方が主流でした。

子供は2人、3人など出産し、祖父や祖母と一緒に生活するというものが標準的な家庭でした。

現在では、女性の社会進出が進み、結婚しても仕事を辞めずに働き、出産と育児が落ち着いたら社会復帰するというケースが増えてきています。

男性は仕事ばかりではなく、家事を分担したり、育児に積極的に参加するようになっています。

核家族化が進み、一人っ子や二人兄弟の家族が一般的になっています。

結婚の意識としては、男女二人で生活基盤を築き、社会での自己実現のためにお互いサポートするためのものという考え方が浸透しています。

 

 


 - 理想の結婚 , , ,